読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベンチャー経営者の妻になりました

トライリンガルの奥様と会社経営者の夫との波乱万丈夫婦物語

ベンチャー経営者を結婚相手に選ぶな

結婚

実は私はHくん(夫)と結婚する前、悩みに悩んだ時期がありました。
ほんとぉぉぉぉにこの人と結婚していいのだろうか、と。

 

周りに経営者の「妻」になっている人もほとんどおらず、流れてくる情報は
悪いものばかり。悩みながらネットを見てると、こんな記事を見つけました。
会ってみたいなぁとずっと思っている、川崎貴子さんが書いています。

bokurasha.hatenablog.com


もう、私の心配ごとが見事全て書かれていたのです!!さすが「女のプロ」
は、観察眼が違う!!


ベンチャー経営者が結婚に向かない理由、そしてHくんにも当てはまると
思われるのが下記の理由です。

①「自分の可能性に貪欲過ぎる」

 

単に「お金」や「ステイタス」だけじゃなく、「自分の可能性に目がくらみがち」なのがベンチャー経営者です。自分の時間を仕事にすべて使えたなら、いったいどんなことになるんだろう!と夢想しがちです。


 そうなんです!自分の前に広がる無限の可能性を追及すべく、Hくんは自分の時間
を全て仕事に注ぎたいと思っています。それでも付き合っている時は週に1回は必
ずデートをしていました。しかし今後、ますます仕事が忙しくなることが予想され
るため、果たして二人の時間をちゃんと持つことができるのか不安になりました。


③「どこまでが仕事か解らない。」

 

海外旅行は海外視察。高級ホテルのスイートに泊まるのも出張。ゴルフやキャバクラは接待。合コンだってお付き合い。

 

正直に申告しないにしても、付き合いが多く、どこからどこまでが仕事か解らないのが社長業です。

 

日常も忙しいので、折角結婚してもほぼ母子家庭になります。

 

そこを指摘し、良い父親になるように言うと「仕事の邪魔をするのか!」と立腹します。でも本当は、自分の自由を束縛されるのが大嫌いなのです。面倒ですよね。

 
これが一番の心配ごとでした!!今はよくても、将来余裕が出てきた時に、多くの
経営者が陥るであろう「俺こんなに頑張ってきたんだから、自由に遊んだって何も
文句ないだろ」的な状態に、陥ってしまうのではないかという不安。結婚してるの
に母子家庭なんて絶対嫌っ!!


④「口が上手い。」

 

ベンチャー経営者は、人を説得したり、巻き込んだりするのが仕事ですから、結婚したら何かと煙に巻かれますよ。間違いありません、相当面倒です。


 そうそう!!私も巻き込まれた感があるのは否めませんが、何たって彼らは自分
がなぜ起業しようとしたか、その起業にはこんな社会的意義があって、これからの
会社はこんなに風に成長させていきたい、などの様々なストーリーを既に作り上げ
おり、それをキラキラした目で力強く話してきます。多くの人は、すごいなと感心
したり、自分も協力したい、応援してあげようという気にさせられてしまいます。



⑤「自分が大好き。」

 

「忙しい俺」「成すべき事がある僕」と酔っ払えないと、ベンチャー経営者など務まりません。

  

ベンチャー経営者はナルシズムか自己顕示欲のどちらかは強烈に持っています。

 

妻になったら、世間の全ての女性よりも「あなたは凄い!あなたは素敵!」と言い続けなければならないわけで、そんなの水商売の女性に適いませんし、第一子供が生まれたら時間は無いし、鬱陶しくてたまりません。超面倒!


 あるある・・・。ナルシズムも自己顕示欲も適度にあるのは問題ないと思います
が、過剰になっている経営者は多いですよね。Hくんも、言ってきますよ。

「もっと褒めて」

褒め慣れていない私は、最初戸惑いましたが、確かに好きな相手に褒められるの
は、単純に嬉しいことだし、モチベーションUPになるのであれば、と練習開始。
しかし、子供ができたらそんな余裕なくなっちゃいそうだし、褒めるのが商売な人
に敵う気がしない。


⑦「恋愛体質である」

 

ベンチャー経営者は、ドーパミン・ジャンキ―。

大きな仕事を成し遂げたり、攻略したり、ピンチに直面したり、ドキドキするような恋愛をしたりする時に放出される脳内快楽物質が大好物。

 

結婚しようとそれは変わらないのです。

 

ね、面倒でしょ。


 NO~!! まさか~と思っていました。しかし、真面目に見えて、Hくんにもその
兆候はあったのです。
結婚しても変わらない??なんだそれ~!!私はそんなの絶対嫌なのに・・・。


かくして、妄想は膨らみ続け、成功した彼が浮気三昧、豪遊三昧、愛人を囲って、
私の知らないマンションの一つや二つを所有・・・なんて様々なイメージが溢れ、
息も絶え絶えに、無理じゃない??やめといた方がいい!!という結論が脳裏を
かすめるのでした。



ベンチャー経営者の嫁

結婚

タイトル通り、最近ベンチャー経営者のくん(夫)の妻となりました。
父も自営業だったため、経営者という人種に特に抵抗もなく、むしろ話しやすい
し、情熱があるし、人を巻き込む力があるし、自分の力で色々な価値を社会に提供しようとする姿勢を持った人達が多く、好感を持っていました。
(勘違い野郎や常に上から目線、自信過剰な人達も多いですが・・・)

 

確かにくんにも、多少「俺ってすごい!」を強調してくる面もありましたが、
まぁ確かに順調に業績も伸びているので、そう感じてしまうのはしょうがない、
とあまり気にしないでいましたが、一緒に過ごす内に、だんだんと
ものすっっっごい困ったちゃんである事が発覚していくのでした・・・。

 

生涯お互いを支え合う、敬い合う、と結婚式でゲストの前で
誓ったものの、無理じゃね?と思ってしまう出来事が起こるわ起こるわ・・・

 

どこかで吐き出さないと、どーにもやってられません(/_;)
現在も絶賛大喧嘩中!!
(新婚なのに(T_T)・・・)