読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベンチャー経営者の妻になりました

トライリンガルの奥様と会社経営者の夫との波乱万丈夫婦物語

結婚したいと思えるにはロールモデルが必要なんだ

結婚


私がHくん(夫)との結婚に悩んでいたのは、以前の記事

luun521.hatenablog.com

に書いたような結婚に向かない特徴を、彼が持っていただけではありません。
実は、Hくんは極度の「結婚アレルギー」を持っていたのです!!


ご両親が熟年離婚をしていたHくんにとって、幸せな「結婚」生活をイメージ
することは難しく、むしろ「苦しみ」「恐怖」といったような感情を持って
いることが、付き合っている時に判明したのです。


最初はさらっと言われたため私もあまり気に留めず、そうなんだぁぐらい
の感じで流していましたが、お互いの感情が深まっていった後も、
「○○ちゃんのことは大好きだけど、今は結婚は考えられない」と言ってきた
のです!!


しかも記念日に!!



はい。空気読めませんね~。
私は、分かってるけど。と言いつつも、とても悲しかったのを覚えています。
だって、お互い好きなのに、なんで???
何がそんなにネックになってるのかはっきりは理解できませんでした。


その後、結婚するまで色々な話し合いを重ねるのですが、Hくん(夫)
「結婚アレルギー」は、思った以上に根深かいものでした。


彼が「結婚」に対して気がすすまなかったのは、以下の三つの理由が大きな
ウェイトを占めていたと思います。

①両親の二の舞になりたくない

  Hくんは、「離婚」に対しても強烈な拒否感を持っていました。結婚する
  なら離婚は絶対したくない、と何度も言われました。もちろん、私だって
  離婚はしたくありません。けれど、何らかの事情が発生した、これ以上一緒
  にいたくない、いない方がいい、という事になってしまう可能性だってあり
  ます。

  その時は、離婚だって視野に入れてもいいというのが私の意見です。
  離婚=失敗ではなく、それも人生の経験の一つ、だと捉えるからです。でも
  彼にとっては、離婚=失敗。失敗なんてしたくない=超慎重にならざるを
  えなかったんでしょうね。


②周りに幸せな夫婦のロールモデルがいない

  もう一つ大きな理由は、Hくんの周りに「幸せそうな夫婦」がいなかった事
  です。彼の周りの経営者で結婚している人達は、仮面夫婦や、夫が不倫中、
  愛人がいる、セックスレス、会話がない、などの人達が多く、必然とそういう
  話が耳に入る状態でした。

  ですが、彼のお客様には長年連れ添った夫婦や、夫が亡くなった後もずっと
  愛を持ち続けている人達もおり、彼も結婚はしたいし、するのであれば、
  そんな関係を築いていきたい、という思いもあったそうです。

 

③女性に対する理想が多すぎる

  理想が高いことは分かっていました。Hくんの理想の女性は、
  「仕事もバリバリこなすキャリアーウマンで、でも家庭では夫をたてて、
  家事も育児もこなす女性(かつ美人で巨乳w)」でした。


  おいおいおいっ!!!どこにそんな人がいるんだよ!!!


  もちろん私は彼の理想を全て兼ね備えていません・・・。しかし、欧米諸国と
  アジアのいいとこどり、を要求してくるなんて、君は何様かね??とその時は
  空いた口が塞がりませんでした。その後彼は、俺は理想が高いんじゃなくて、
  多いのか!と気付いたようですが・・・。


私の両親は、ケンカもたくさんするし、離婚の危機もあったけど、でも出掛ける時
はいつも一緒で、なんだかんだ言ってやっぱりお互い好きなんだなというのが、
子供から見てもわかる親だったため、結婚はするのが当たり前だと思っていたし、
結婚したら添い遂げるのが当たり前、だと思っていました。


だから、親の離婚によって、Hくんみたいにこれほど「結婚」に対して、深い
ネガティブな感情を抱いてしまうことに、びっくりしたとともに、幸せのロール
モデルが周りにいないことが、こんなにも人の人生に影響を与えてしまうことに、
何とも言いようのない寂しさを感じたのでした。