読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベンチャー経営者の妻になりました

トライリンガルの奥様と会社経営者の夫との波乱万丈夫婦物語

わたしのために、いつもありがとう

男性は「プライドの生き物」、という話はよく聞きますが、
自分で事業を興すような人は、特にその傾向が強いように
思います。



夫のHくんは、家に帰ってくると毎日仕事の話をします。
私としては、日中会えない時間に彼が何をしていたのか、
どんな事を考えていたのかを知れる時間になるので、仕事の
話ばかりでもそんなに気になりません。



しかし、最終的にはほぼ「俺ってすごい」、という流れに
なっていきますw 
要は、今日も一日頑張った俺を褒めて褒めて褒めて!!という
ことなんでしょうね~。


褒めちぎれば彼のプライドは満たされるのでしょうが、いかんせん
褒め慣れていないので、あっ!ここって褒めるポイントなんだ!とか
ここを褒められたかったの??(理解不能)などと、いまいちポイントが
分かりません・・・。
Hくんも不満そうですw
なんせ毎日毎時間でも褒めてほしいらしいのですから・・・。



なんてメンドクサイ男なのでしょう!!!!!!!!




男性は女性に賞賛され、頼られることを至上の喜びとし、それにより
さらに張り切る、女性や子供を守ろうと行動する、などの話はよく
聞きます。



が、現代女性的には、褒めることで彼や夫を良い方向に伸ばしていけるなら
本望、しかしなぜそこまでして男性を立てる、良い気分にさせなくては
ならないのか、という葛藤が生まれます。



なぜ自分だけこんな苦労を??
そちらはおだてないと、改善の努力を自らしないんですか??

ここですよね~。良い方向に伸ばしていきたいのは、彼や夫に欠点があるからで、
そこを治してほしいと思うから、一つの手段として「褒める」がありますが、
そもそも、自分から進んで改善しよう!という努力はしないんですか??と
腹立たしくなるのが正直なところ。




しかし、相手は「子供」なんです。
「子供」だと思って接する時も必要です。
しょうがないなぁ~という広い心で、自ら動けるようにお膳立てしてあげま
しょう。しかし、「褒める」って意外と難しいんですよね。



「すごい」、「さすが」なんて聞き慣れ過ぎて、何とも思わなくなっている
人には、結果ではなく「過程」を褒めてあげる方が良いそうです。
「過程」を褒めることこそ、彼や夫の日々の頑張りを見て聞いている、一番身近
にいる人にしか出来ません。
キャバ嬢や、合コンで出会った外野の女性は、彼や夫が出している「結果」しか、
褒めることが出来ませんから。




もちろんタイプの異性に褒められれば、調子に乗るのが男性ですが、彼らが
一番欲しいのは、愛している女性からの「賞賛」です。
ここは、ほんとメンドクサイけど、可愛いヤツだなぁと大きな広~~~~い
心で彼らを「褒めて」みる、それを継続してみる、のが彼や夫を良い方向に
導く一番の手段かもしれません。



あと、人前で彼らを褒めるのも良いそうです。自慢する感じではなく、
さりげなく、こう見えて○○な部分もあるんだよ~、いつも○○してくれるんだぁ、
○○をしている彼はとても○○で、そこはいいなぁと思っている、など紹介形式で
褒めると、こちらも力まなくていいし、彼も嬉しくなるし、一石二鳥です。

 



彼や夫にむかつきすぎて、褒めるなんて無理!これ以上褒めても調子こくだけ!
という人もいると思います。褒めて褒めて褒めまくる、だけが手ではないし、
アメとムチのバランスが重要ですよね~。
私も早くさじ加減が分かるようになりたいものです・・・。
褒め言葉の語彙力も増やしていきたいなぁ~



名無き仙人もこう言ってます。

多かれ少なかれ、夫は妻をモチベーションに生きていることでしょうし、妻は、夫をモチベーションに生きていることでしょう。
その、生きるモチベーション・生きる原動力となっている伴侶のために、妻も夫も毎日頑張っているわけですね。

だからこそ、頑張っている自分のことを、他の誰でもない妻/夫から、認められたいのです。褒められたいのです。
なぜなら、「俺は、妻のために頑張ってるんだぞ?」「私は、夫のために尽くしているのよ?」と思っているわけで、その頑張りに対して「自分のために、いつもありがとう。」と言ってもらいたい存在は、世界中、他の誰でもなく、妻・夫だからです。
他の誰でもない妻、夫から「自分のために、いつもありがとう。」と言ってもらう以外に、満たされないのですね。この部分は。

そのため、もし妻や夫を褒めたり、「自分のために、いつもありがとう。」と認め感謝したりしなければ、妻や夫は心が満たされず不満が蓄積されていき、不満が蓄積されれば、小言や喧嘩が増え、夫婦仲が悪化するかもしれません。

一方、妻や旦那を褒め、「自分のために、いつもありがとう。」と感謝すれば、他の誰でもない、貴方から言われたい、その1言を言ってもらえただけで、日々、頑張っている苦労も報われた気がして、相手のためにもっと頑張ろう!と思えるようになり、不満もストレスも溜まらずに、夫婦円満の生活が送れることに、なりそうです。

小言を言いたくなったら、妻/夫の悪い面ではなく、素敵な面を探し、素敵な面を褒めたり感謝するのが、夫婦円満のコツ/秘訣・・とも言えそうです。

 



ふむふむ。すごく納得。
すごく納得なのに、簡単そうなのに、なぜ出来てないんだろう・・・。
でも、夫に対してだけではなく、周囲の人との関わりでもやっぱり「褒める」って
すごく大事だと思います。無理して褒めるのではなく、最初は「意識して」
褒める部分を探してみる、それを色んな人に対して継続してやってみる、
と段々「褒める」ことが大げさなことではなく、ぽろっと口から自然に
出てくるようになるのでは?と考えています。



2017年の目標の一つですね。
「自然に周りの人の良いなと思う部分を、口にして
 相手に伝えてみる」