ベンチャー経営者の妻になりました

トライリンガルの奥様と会社経営者の夫との波乱万丈夫婦物語

結婚って長い長い拷問ですよ

毎日暑い・・・
夫は大粒の汗をかきながら毎日帰ってくる・・・
そして帰ってきた瞬間冷房が24℃に下げられる・・・


寒い・・・
我が家は部屋の仕切りが少ないのですぐ冷気で満たされるので
寒いーーーー
三菱の、あの、寒がり暑がり両方対応のクーラーが欲しい!



ちょっと前になりますが、最高の離婚Netflixで夫と一緒に
見ました。(正確には”見せました”ですが)



リアルタイムでは私も見てなかったので、こんなに面白いとは!!
全然知らなかったーーーーーーーーーー
脚本家の坂元裕二さんは、どんな観察眼を持ってるの??
よくこんなリアルな男女の問題を、的確なセリフでズバズバ
言い表せられるなぁと尊敬しております!



いつぞやのケンカ終盤で落ち込んでいた時に、最初は一人で見始めた
のですが、秀逸なセリフの数々に胸打たれw、これはぜひとも夫にも
見てもらわなきゃ!!と思って、渋る彼と一緒に見始めました。



他人の恋愛事情とか、男女の問題って、どうしても女性の方が人生の中で
多く話したり、聞いたり、見たりしてると思うんです。
うちの夫みたいに恋愛経験はたくさんあるけど、女友達はいないタイプと
いうのは、恋愛映画や小説にも興味がないし、とかく他人の恋愛事情や、
他人が抱えている男女の問題を話題にしたり、見たりという機会が極端
に少ないです。


なので、世の中の男女が抱える問題とか、他人はそれにどう反応するのか、
どんな対処をしているのかを、女性はどのように捉えがちなのかを、女性の
視点からではなく男性の視点から捉えた良い教材wがないか、何気にずっと
探していたんです。


最高の離婚」は、あの時の私達にぴったりのドラマでした。
不器用な二組のカップルは、自分達にも重なる点がいっぱいあったし、
そうそう!!正にそれが言いたかったんだよ!!!!って声を大にして
伝えたいセリフもいっぱい。


もちろん男性側の結婚への正直な気持ちも、正直すぎるほど描かれて
いたし、自分達の問題としてではなく、登場人物の「他人の問題」
として話し合うと、今までとは違った本音も出てきたり、パートナー
やその性格を問題視するのではなく、女性ってこういう所があるな、
男性ってこんな風に考えてたんだ、等
少し広めに捉えてみると、しょうがないなぁ~なんて思えるようになる
かもしれません。


秀逸なセリフの数々

☆「私はただ、別に普通の家族になりたかっただけで」
 「普通の家族ってなんだよ」
 「いちばん最初に思い出す人だよ!いちばん最初に思い出す人たちが
  集まってるのが家族だよ!」

   →これはぜひとも夫に聞かせたかった。

 

「子供ができたら変わるのかなと思って、でもあなたに言ったら
  子供なんかいらないって。
  分かってた。分かってたよ。
  あぁ。この人は一人が好きなんだ
  自分の自由を邪魔されたくないんだ・・・

  あっそう・・・だったらいつだろう?
  いつになったらこの人家族つくる気になるんだろう?
  いつになったらこの人家族思いやれる人になるんだろうって。

  結婚して2年足らず。
  やっぱりずっと思い浮かべてた。

  山手線で事故があったって聞いたら、うちの人大丈夫かなって。
  店のお客さんが病気で入院したって聞いたら、人間ドック連れて
  かなきゃって。

  こたつがあったら一緒に入るとこ想像したし。
  小さな子供見たら、うちにも子供がいたらどんなだったかなって
  想像したし。それは今でも変わんないんだよね。

  何か楽しいことあると、濱崎光生さんのこと思い浮かべちゃうんだよね!」


     →分かるーーーー!!!一気にまくしたてるこの場面は泣きました。
      女性は多いはず。”彼”のことを考えて行動してるのに、肝心の”彼”は
      自分のことだけ考えてる・・・。



☆「男が子供だから、女はこうなるの。妻って、結局、鬼嫁になるか、泣く嫁
   なるかの二択しかないんだよ!」
 

☆「同じ花を見て、同じようにきれいだと思う人と一緒にいることが、いちばん

  幸せなんだろうね」


☆「男と女と、夫婦は違う。夫婦と家族も違う。役所に紙を出せば夫婦だ。
  家族は紙を出してもできない」


☆「諒さん。あたしがなんも気にばしてないと思ってた? 
  なんも知らないと寝てると思ってた?

  男が外で他の女ば抱いてる間、女はちゃんと起きてるの

  ゴミ箱のレシートば確かめたり、メールば見たり、洗濯もんの臭いば
  嗅いだりしてる!

  女はなんも聞かね。香水の匂いばつけた男に、近所の奥さんの話ばする。

  靴下の裏さ髪の毛つけた男に、子供の学校の話ばする。
  男が嫌がんのわかってる、でも女はやめらんね。そっだな女、やだ。

  だからあたしは、ずっと我慢してた。見ないようにしてた。
  でも違うの!

  ほんとはずっと… ほんとはずーっと… あんたが外で他の女ば抱いてる間、

  あんたが他の女の脚ば開いてんの思い浮かべて、あんたの腰さ女の手が回るの
  思い浮かべて、
悔しくて恨んでた罵ってた。お願いだから…お願いだから
  もう許してって、泣いてた。」


    →浮気されたことのある人なら痛いほど気持ち分かるよね。
     でもしてる当の本人には絶対分からない。相手がどれほど苦しいのか。
     こんな感情になるのは、好きだから。
     外で何してきてもいいよ~なんて言えるのは、ただの強がりか、
     興味関心がないどうでもいい状態の時だけです。

     自信があるからじゃない。



夫も見終わった後、新しい視点を得たらしく、確実に何かを感じてくれた
みたいでした。まぁそれですぐ変わるかって言ったらそんな事はありませんけどw